MENU
中卒おすすめ転職エージェント>>

中卒でプログラマーは無理!?就職するためのロードマップを完全解説

中卒でプログラマーは無理!?就職するためのロードマップを完全解説

「プログラマーとかエンジニアになりたい」

「でも中卒だし勉強苦手だから無理だよな・・・」

その悩み、この記事ですべて解決できます!

結論から言うと、中卒でもプログラマーに就職できます。

なぜなら、IT業界は学歴よりもスキルが重視されますし、スクールで勉強してそのまま就職できるからです。

この記事を読み終わるころには、中卒からプログラマーに就職する方法がわかるので、ぜひご覧ください!

この記事でわかること

就職・転職エージェントおすすめ5選

大手リクルートが運営/書類選考なし

未経験・ニート・フリーター大歓迎

若手サポートNo.1/実績1万人以上

10代・20代特化型/実績1.5万人以上

ビジネススキル研修+就職サポートが無料

詳しくは【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

目次

中卒でもプログラマーの就職できる3つの理由

中卒でもプログラマーの就職できる3つの理由

中卒でもプログラマーに就職できる理由は3つあります。

中卒男

プログラミングのスキルは、勉強すればそんなに難しいものではありません。中卒だからと諦めるのは早いです。

プログラマーになれる理由

理由①:プログラマーは人手不足

プログラマーは深刻な人手不足状態です。

2019年の経済産業省の調査によると、ITエンジニアは2030年には79万人不足すると言われています。

※ITエンジニアとは、クライアントの要望に沿って、プログラミングする職種です。

中卒でもプログラマーの就職できる3つの理由
引用:経済産業省「IT人材受給に関する調査
中卒男

これだけ不足すると、プログラマーやITエンジニアは重宝される存在ですよね。

プログラミングの勉強を今から始めれば、中卒でもプログラマー就職は可能ですよ。

理由②:学歴よりもスキルが優先

IT業界では学歴よりもスキルが優先されます。

プログラマーも同様に学歴は必要なく、プログラマーとして働くためのスキルが必要です。

プログラマーとして必要なスキルを簡単に説明すると、「コンピュータにしてほしいことを、プログラミングという言語を使って書くこと」です。

中卒男

これができれば、学歴なんて必要ありません。プログラミングができない社会人の方が多いですし・・・。

プログラミングを勉強することで、中卒では入りにくいIT企業に就職するのも夢ではありませんよ!

理由③:未経験から学べる環境がある

未経験から学んでプログラマーになる方法もあります。

プログラミングスクールでイチ学んでから就職することで、企業の即戦力になる方法です。

数あるスクールの中で未経験者におすすめの教室は、「ネットビジョンアカデミー」。

受講料やテキスト代が完全無料の上に、未経験から最短2ヶ月で就職できるようなスキルが身につきます。

中卒男

ぶっちゃけ、プログラミングスクールで有名なのは「TECH:CAMP」ですが、受講料が数十万円とかなり高額です。

その点、 「ネットビジョンアカデミー」 は完全無料でサポートしてくれて、就職率98%なので全然負けていないサービスなんです。

就職支援までしてくれるので、プログラマーとして未経験から活躍したい人にはピッタリ。

他にもネットビジョンアカデミーは嬉しい特典がたくさんあるので、チェックしてみてくださいね。

>>無料カウンセリングを受けてみる

中卒からプログラマーに就職する時の注意点

中卒からプログラマーに就職する時の注意点

中卒でも目指せるプログラマーですが、いくつか注意する点があります。

もし仮に就職したとしても、想像通りじゃなかったと後悔する場合もあります。

中卒男

プログラマーに限らずですが、自分に合う職種かどうかは事前に知っておいた方がいいですよ。

プログラマーになる時の注意点

注意点①:教養は鍛える必要がある

中卒の人は特に、教養を鍛える必要があります。

プログラミングの言語を覚えるだけでなく、言語を記述できる論理的思考が求められるから。

中卒男

つまり、言語を覚えるだけでは、プログラマーにはなれないんです。

「言語をどのように応用することで、クライアントの要望に応えるのか」を考えるのも仕事です。

そのため、持っている教養によって、勉強の吸収速度が大きく変わるのです。

注意点②:優秀な人たちがライバルになる

今まで一緒に働いたことがないような、優秀な人たちがライバルになります

採用自体はスキル重視ですが、自頭の良い大学や大学院卒が多く受けにきます。

中卒男

IT業界は成長途中ということもあって、優秀な人たちがここぞとばかりに募集するんですよね。

優秀な人たちは学生時代から継続して勉強してきたこともあり、かなり手強いライバルになります。

といっても、彼らもITの勉強を始めたのは最近という人も多いので、あまり気にせずに自分のペースで頑張ればOKです。

注意点③:未経験で採用する企業はブラックが多い

未経験で入社できる企業には、注意してください。

なぜなら、未経験で採用する企業はブラック企業が多いから。

「誰でもいいのできて欲しい」状態であることが多く、きちんと教えてくれなかったり、雑に扱われることも・・・。

中卒男

未経験の会社は、ブラック企業で人の入れ替わりが激しいこともありますよね。

そのため、自分で勉強してから入社することで、未経験から抜け出すようにしましょう。

具体的な勉強法は、「 ネットビジンアカデミー 」でプログラミングを学習することです。

最短2ヶ月で就職できるほどのスキルが身に付き、就職活動までサポートしてもらえます。

この方法だと、未経験でブラック企業に就職することはなく、安心して就職できますよ。

>>無料カウンセリング受けてみる

中卒からプログラマーに就職する方法

中卒からプログラマーに就職する方法

中卒からプログラマーに就職する方法について解説します。

中卒はこれから解説する方法を知っていないと、希望通りに就職できない可能性があります。

中卒男

中卒の時点で就職活動は不利です。 ですが、中卒の僕でも就職できたので、成功体験も踏まえて解説します。

プログラマーになる方法

①:就職エージェントを活用する

就職エージェントを利用するメリットは、ブラック企業を避けられることです。

エージェントは求職者に仕事を紹介して、採用されたら報酬が発生する仕組みです。

紹介した企業がブラック企業で、入社してすぐに辞めてしまうとエージェントに報酬はもらえないからです。

中卒男

その反面、ハローワークや求人誌は、求職者が就職できても報酬は発生しません。

自治体などの非営利団体で運営しているからこそ、ブラック企業を紹介されても仕方ないといった感じです。

エージェントなら「プログラマーになれるホワイト企業」を紹介してもらえるので、就職活動で使わない理由はないですよ。

>>【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

②:スクールでスキルを身につける

スクールでスキルを身につけて、プログラマーになる方法が近道です。

なぜなら、入社前にスキルを身につけると企業の即戦力として働けるから。

中卒男

僕のおすすめのスクールは、安くて就職率の高いスクールです。

プログラミングスクールだと 「TECH:CAMP」 が有名ですが、料金が高いことがネックです。

受講料が高いと、その分ちゃんと就職できるのかとても不安になりますよね。

ネットビジョンアカデミー 」 であれば、無料で学べるうえに就職率98%と、ほとんどの受講生がプログラマーになれています。

就職活動まで全てサポートしてもらえるので、使わないと損するレベルですよ。

>>無料カウンセリング受けてみる

中卒でもプログラマーになれる!チャレンジしよう!

中卒でもプログラマーになれる!チャレンジしよう!

中卒でもプログラマーになれます。

プログラマーには学歴よりスキルが問われるため、頑張れば頑張っただけ評価してもらえます。

あなたの努力次第で、大卒の年収よりも高くなることだってありえるんです。

今から行動すれば、あなたの夢は実現します。

迷ってる時間はもったいないので、いますぐチャレンジしましょう!

>>【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる