MENU
中卒おすすめ転職エージェント>>

中卒は劣等感のかたまり!抜け出す方法は1つしかない

中卒は劣等感のかたまり!抜け出す方法は1つしかない

「自分が中卒ってことは人に言いたくないな…」

「劣等感しかないから自信がない…」

その悩み、この記事ですべて解決できます!

結論から言うと、中卒の人は劣等感ばかり感じやすくなります。

なぜなら、周りから馬鹿にされたり、学歴差別をうけてしまう社会にいるから。

中卒男

僕は常に劣等感のかたまりでした。「どうせ自分なんか…」が口癖だったんですよね。

そこでこの記事では、中卒の劣等感から抜け出す方法について解説します。

この記事を読み終わるころには、自信を持って生活ができるようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること

就職・転職エージェントおすすめ5選

大手リクルートが運営/書類選考なし

未経験・ニート・フリーター大歓迎

若手サポートNo.1/実績1万人以上

10代・20代特化型/実績1.5万人以上

ビジネススキル研修+就職サポートが無料

詳しくは【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

目次

中卒が劣等感を感じる理由

中卒が劣等感を感じる理由

中卒が劣等感を感じる場面はたくさんあります。

なぜなら、世間一般的に中卒の人は少なく、味方がいないからです。

中卒男

僕は毎日のように落ち込んでいて、劣等感しかなかったですね。

劣等感を感じる理由

理由①:地元から出られない

中卒の人は、地元から出られない人が多いです。

なぜなら、地元にしか知り合いがいなかったり、就職先が限定されてしまうから。

友人はもちろん中学までになるので、交友関係もせまくなってしまいがちです。

中卒男

交友関係がない中で社会に出なければならないですから、自分の視野もせまくなります。

隣町くらいなら良いですが、県外となるとまあ勇気がでません。

地方であれば、地元から出ていく人も多いため、劣等感を感じるわけです。

「自分なんか…」これが常に口グセになっていたら要注意ですよ。

>>中卒はマジでやばい!!僕が感じた8つの体験談と抜け出す方法

理由②:周りから馬鹿にされる

中卒というだけで、バカにされることは良くあります。

なぜなら、高校すら卒業できなかった頭の悪い奴という見方をされるから。

例えば、アルバイトなどでミスをした時にも、「これだから中卒は!」と言われます。

中卒男

僕は当時、くやしくて仕方ありませんでした。でも、これが中卒の現実ですよね。

後は、やってもいないミスを、中卒だからという理由で僕のせいにされたこともあります。

なにかと悪いレッテルを貼られるので、まあ最悪ですよね。

理由③:履歴書に書くことがない

就職やアルバイトで必ず必要になるのが履歴書。

しかし、中卒だと経歴欄がほとんど空欄になってしまいます。

空欄になっているというだけで、悪い印象を持つ人が多いのも事実。

中卒男

履歴書は、自分が今までに経験してきたことの証明です。

高校で学ぶ青春、大学で学ぶ主体性などを経験していないわけです。

あらゆる経験をしていないことで、社会にとって必要なスキルがないと思われてしまいます

とはいえ、書けないことは仕方のないことなので、これから努力して差を埋めることを、しっかりと伝えなければなりません。

>>中卒の履歴書の書き方ロードマップ!Excelファイル無料ダウンロードできます

中卒に劣等感を持つリスク

中卒に劣等感を持つリスク

中卒(自分)に対して劣等感を持つと、何もうまくいかなくなります。

僕の経験から、どんなリスクがあるのかをご紹介します。

中卒男

反面教師として、僕と同じようにならないでほしいです。

劣等感を持つリスク

リスク①:どんどん臆病になる

劣等感を感じ始めると、どんどんと臆病になっていきます。

何事に対しても自分を下に見てしまうので、自信がなくなるんですよね。

臆病になると新しいことに挑戦できなくなります。

中卒男

人生は常に未知との遭遇で、新しい挑戦の連続です。

知っていることばかりやっていては、前に進めません。

前に進めないということは、視野が狭くなり、頭が凝り固まるということ。

自分に自信を持てない状況は、損でしかないですよ。

>>【悲報】中卒の末路は悲惨だった。逆転方法を中卒の僕が徹底解説

リスク②:人付き合いも悪くなる

バカにされたり、自分に自信がなくなると、人と関わりたくなくなります。

もともと中卒の交友関係は広くないので、余計に狭めてしまいますよね。

無理に人と付き合う必要はないのですが、狭すぎるのも問題です。

中卒男

例えば、何かあった時に相談できる人がいたり、悩みを聞いてくれる人がいるだけでも変わります。

兄弟や親と仲が良ければ良いのですが、悪かったら一人で抱え込んでしまいますよね。

人と接する機会が少ないと、余計に自信がなくなることにも繋がります。

悩みを一人で抱えて良いことはないので、誰かに相談できる環境をつくっていきましょう。

リスク③:引きこもりがちになる

臆病になり、人付き合いもなくなってくると、いよいよ引きこもりに近づきます。

ネットやゲームが友だちになり、リアルで人と会うことは無くなるんですよね。

特にSNSが普及している今の時代は、SNSで知り合った人とだけ会話するということも。

中卒男

僕もそんな時期があり、リアルで会話するのが1か月ないなんて状況でした…。

もちろん、中卒の全員が引きこもりになるわけではありません。

あくまで可能性の話ですが、僕のようになってしまうこともあるというお話です。

中卒というだけで社会から除け者になりがちなので、少しでも社会と関わる努力を心がけましょう。

>>中卒ニートの末路は悲惨?!筆者が就職できた逆転手段を解説

中卒の劣等感から抜け出す3つの方法

中卒の劣等感から抜け出す3つの方法

中卒の劣等感から抜け出す方法を3つご紹介します。

今まで通りの生活をしていたら、劣等感と一生戦うことになりかねません。

中卒男

劣等感は、歳をとるほど増していきます。今から対処していきましょう!

劣等感から抜け出す方法

方法①:スキルを身につける

劣等感を消し去るためには、学歴を越えたスキルを身につけましょう。

スキルを身につけることで、大卒や高卒にも劣らなくなるからです。

具体的には、仕事でもつかえる語学や、ITスキルがベストですね。

中卒男

大卒でも持っている人が少ないスキルを学ぶのがポイント。中卒でも差をつけることができます!

スキルがあるというだけで、企業側から求められるようになります。

求められるということは、それだけ就職先の選択肢が爆増するんですよね。

特にITスキル(プログラミング)であれば、学歴関係なしに採用してもらえます。

すべて無料でスキルを学びつつ、就職までサポートしてくれるサービスもあるので、うまく活用していきましょう!

>>中卒でプログラマーは無理!?就職するためのロードマップを完全解説

方法②:営業職で成果を出す

中卒の劣等感をなくすためには、仕事で成果を出すことも重要です。

なぜなら、仕事で認められることで社会からも評価され、自信がつくからです。

正当な評価をされる業種は、営業職がベスト。

中卒男

営業職は、学歴不問で入社できる可能性が高く、かつ成績に応じて評価されやすいです。

つまり、中卒で学歴差別を受けやすい僕らが、下剋上できる業種の1つということですね。

営業職で優秀な成績を残すことは、簡単なことではありません。

しかし、泥臭く努力をすれば達成できる可能性が高いのも事実です。

良い成績を残せば、学歴でバカにしてくる人たちを見返すことができますよ。

方法③:大企業の転職を目指す

中卒の劣等感を無くすためには、社会的な地位を上げる必要があります。

なぜなら、劣等感とは社会から認めてられていないという意識からくるから。

例えば、仕事内容や給料などが上がれば、自然と劣等感は消えるわけです。

中卒男

僕も大企業に転職できてから、自分に自信がつきました!

大企業になると契約も取りやすいですし、社会的信用が高くなるので、銀行からお金を借りやすくもなるんですよね。

とはいえ、いきなり大企業に転職しようとしても無理です。

まずは学歴不問の会社で実績を残し、実績をアピールして大企業へ転職を目指しましょう。

>>【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

中卒は劣等感のかたまり。でもチャンスはある!

中卒は劣等感のかたまり。でもチャンスはある!

中卒にひそむ劣等感と抜け出す方法について解説しました。

今までの生活を続けていては、このまま劣等感を感じながら一生を終えることになります。

しかし、行動すればまだチャンスはあります。

中卒男

何歳からでも人は変われます。変われるかどうかは、自分で行動できるかどうか。

スキルを学ぶのもよし。転職するのもよし。

大切なのは、今までやってこなかったことに挑戦することです。

挑戦は勇気がいることなので、おそらく100人のうち1人できれば良い方。

あなたは99人と同じですか?それとも選ばれた1人になりたいですか?

少しでも変わりたいと思うのなら、行動できる1%の人になってください。

この記事を最後まで読んだあなたなら、必ず行動できるはずです。

>>【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次