MENU
中卒おすすめ転職エージェント>>

中卒の現実は厳しい。早く対処しないと人生詰みます。

中卒の現実は厳しい。早く対処しないと人生詰みます。

「大人になって気づいたけど、これが中卒の現実か」

「厳しい現実から抜け出す方法はあるの?」

その悩み、この記事ですべて解決できます!

中卒だと仕事も恋愛もうまくいかないことが多いので、将来が不安になりますよね。僕も中卒なので、痛いほど気持ちががわかります。

そんな僕でも、今では年収800万円をこえて幸せな結婚生活を送っています。

この記事を読み終わるころには、中卒でも厳しい現実から抜け出す方法を全てお伝えします!

この記事でわかること

就職・転職エージェントおすすめ5選

大手リクルートが運営/書類選考なし

未経験・ニート・フリーター大歓迎

若手サポートNo.1/実績1万人以上

10代・20代特化型/実績1.5万人以上

ビジネススキル研修+就職サポートが無料

詳しくは【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

目次

中卒の現実はぶっちゃけ厳しい

中卒の現実はぶっちゃけ厳しい

中卒の現実はかなり厳しいです。また、「中卒は努力できない」などマイナスな印象になりがちです。

とは言っても、中卒でも就職することは可能なので、僕の実際の体験談も含めて解説します。

中卒の厳しい現実

中卒の離職率が高い

中卒の離職率が高いです。なぜなら、同年代よりも昇進しにくかったり、他の学歴の人より給料が低いから。

その結果やる気を保てなくなって、辞めてしまう人が多いんです。

学歴3年以内の離職率
中卒35.7%
高卒16.2%
短大卒17.7%
大卒11.7%
厚生労働省:新規学卒者の離職状況 (平成31年度)
中卒男

でも安心してください。学歴不問の会社を選べば、こうした悩みはなくなりますよ。

僕も最初にいた会社は学歴不問だったので、実力で勝負できました。

しかも社員の学歴もバラバラなので、学歴差別もなく風通しもいいです。

学歴を気にしない会社を選ぶようにしましょう!

>>中卒で正社員は無理なのか?就職できた僕がコツを徹底解説

中卒の年収は断トツで低い

中卒の年収は、他の学歴に比べてダントツに低いです。

その原因は、離職率が低かったり、そもそも正社員で働いている人の割合が少ないからです。

実は、大卒との年収の差は200万円以上もあるんです。(参考: 厚生労働省:令和2年賃金構造基本統計調査 )

とは言っても、 「高卒資格」や「高卒認定」を受けること で、中卒から抜け出せます。

・高卒認定

高卒と同じ資格。つまり、この認定に合格すると高卒になれる。

・高卒認定

高卒の学力があることを証明するもの。注意したいのが、学力を証明するものであって、高卒扱いにならないことです。

これらを取得することで、中卒よりも有利に就職活動できますよ!

>>中卒の平均年収はいくら?高卒・大卒との比較と生涯年収をアップする方法を解説

中卒の求人はかなり少ない

中卒OKの求人は、かなり少ないのが現実です。日本はまだまだ学歴社会で、中卒に対してマイナスなイメージはつきものです。

そのため、「中卒だから敬語が使えないのでは?」「勉強や努力ができるのかな?」といった勝手な印象を抱かれてしまうんです。

中卒男

僕も面接で敬語を使っただけで、びっくりされました。(笑)そういう意味では、中卒のいいギャップだったのかなと思っています。

とは言っても、転職エージェントを使えば中卒OKの求人はあります。

僕もハローワークや求人誌で探している時は、全くと言っていいほど求人がなかったのですが、エージェントを使ってみたら「こんなにも働ける場所があるのか!」と感動しました。

エージェントはたくさんあって全て無料なので、どれか1つでも登録して使ってみてください!

>>【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

【中卒の現実】メリット・デメリット

【中卒の現実】メリット・デメリット

今まで中卒の悪い面ばかり紹介しましたが、中卒のいいところもあります。

中卒でもキャリアを積んでいる人もいますし、逆転はいつでもできます。

中卒男

今から紹介するリアルなメリット・デメリット見つめて、就職活動で生かせるようにしましょう!

中卒のメリット

中卒のメリットって本当にあるの?って思われかもしれませんが、ちゃんとあります。

メリットを理解すれば、履歴書を書く時や面接の時にも役立ちます

中卒男

僕も面接の時に、「同年代より色々な仕事を経験しています」と、中卒ならではのメリットを伝えていましたよ。

中卒のメリット

①:長く社会人を経験できる

長く社会人を経験できるため、仕事のスキルや経験が身に付きます。

つまり、若いうちから経験を積めて、その道のベテランになれるのです。

中卒男

高卒以上だと、社会に出るタイミングが3〜7年遅くなってしまいますからね・・・

自分より後から入社してくる同世代よりも先に、仕事をマスターしているのは有利ですよ!

②:若さが求められる業界に有利

同じ仕事でも、若い人が有利な業界はあります。

なぜなら、仕事の覚えが早かったり体力が合ったりと、若い人ならではの良さがあるから。

具体的に、若い人が有利な業界(職種)は「営業職」「介護職」「製造業」「ITエンジニア」です。

中卒男

こうした業界はスキルではなく、若さというポテンシャルで採用されることもありますよ。

エージェントを使えば、若さが求められる仕事に加えて、自分にあった仕事を紹介してもらえます。

なので、一度エージェントに「若い人がほしい会社はないですか?」と相談してみるのもありですよ。

若さは武器です。若さはしっかり活用していきましょう!

>>【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

③:学歴が関係ない時代に変わってきている

今は学歴が関係ない時代に変わってきています。

企業側が「学歴がいい=仕事ができる」ではないことに、やっと気づき始めたということです。

そのため、これからの時代、人柄・人格・スキルなど内面的な部分が求められます。

中卒男

学校の勉強はできても、 社会人としてのスキルがない人も大勢いますしね。

結局大事なのは、「社会に出てから、どういうふうに活躍するのか」です。

中卒はあくまでも肩書きです。

自分の良さをわかってくれる会社に入って、活躍していきましょう!

>>中卒で就職できないのはウソ!3つの理由と逆転する必勝法を解説

中卒のデメリット

日本は学歴社会が残っているので、中卒で不利になることがあります。

中卒男

昔に比べると、学歴で判断されることは減っているので、あまり気にしないでくださいね

中卒のデメリット

①:社会的信用が低い

高校に進学する人がほとんどなので、どうしても社会的信用度が低くなります。

企業から見ると、「努力するのが苦手なのかな?」といった悪い印象になってしまいます。

中卒男

僕らの祖父母世代は中卒が当たり前でしたが、今ではほとんどの人が高卒以上になって

文部科学省のデータによると高校への進学率は97%を超えているので、世間的に中卒はかなり少数派です。 (参考:文部科学省HP

多少偏見を持たれるのは、覚悟しておいた方がいいです。

>>低学歴はクズばかり!?中卒の筆者が逆転方法を解説

②:学歴差別されることがある

大卒が多い会社だと、学歴差別はされることがあります。

同世代に比べて出世しにくかったり、時には罵声が飛ぶなんてこともあります。

中卒男

他の人なら怒られないようなミスでも、「中卒だからミスしたんだ」と責めてくる人もいます。

もし、そんなことをされたら辞めてOKです。

学歴でマウントを取ってくるような人は、学歴以外に何も持っていません。

働く場所はたくさんあるので、学歴を気にしない会社を選んでストレスフリーに働きましょう!

③:恋愛や結婚のハードルが高い

中卒だとイメージが良くないからと、結婚のハードルが高いことがあります。

本人達は良くても、親が否定する場合もあります

中卒男

確かに、自分が親の立場だったら、中卒の人と結婚するのは賛成できないかも・・・ と思いますよね。

とはいっても、学歴を気にしない人もいます。

収入や人柄といった、学歴以外の部分を磨いていきましょう!

中卒が厳しい現実を抜け出す3つの方法

中卒が厳しい現実を抜け出す3つの方法

結論、中卒の現実を抜け出す方法はあります。

学歴をよくしたり、転職先の探し方を変えたり、方法はたくさんあるから。

中卒男

考え方を変えると、行動すれば今より状況が悪化することはないんです。僕はこうやってポジティブに考えて転職活動をしたら、うまくいきました!

①高卒認定試験に合格する

高卒認定試験に合格して、高卒資格を手に入れることです。

なぜなら、学歴が高卒になると、応募できる求人が増えるから。

中卒男

僕自身、いいと思った企業が高卒以上を求めていることも結構ありました。

興味のある企業に応募できないのって、悔しいですよね。

なので、就職の可能性を広げるためにも、高卒認定に合格するのをオススメします。

②学歴不問の職種に就職する

学歴差別がなく働きやすい環境に行くために、学歴不問の職種に就職することです。

例えば、「営業職」「エンジニア」「運転手」「工場の作業員」「介護職」「コールセンター」などです。

中卒男

成果を出せば出世できますし、学歴不問は中卒の味方ですよ。

とはいっても、自分にあった職種を選ぶようにしましょう。

具体的に、「営業」「エンジニア」であれば、スキルアップができ転職活動もしやすくなります。「トラック運転手」「工場の作業員」「介護職」などであれば、体力に自信があったり体を動かすのが好きな方に向いています。

中卒男

ここで大事なのは、理想の働き方に近いところを選ぶことです。「体力に自信がないのに、力仕事を選んでしまった・・・」となったら、長く続かないですからね。

自分にあった学歴不問の求人を選ぶことで、働きやすい環境を見つけましょう!

③就職・転職エージェントを利用する

就職・転職エージェントを利用すれば、いろんな会社を直接紹介してもらえます。

就職エージェントの仕組みは、求職者に仕事を紹介して、採用されたら企業からお金をもらうという仕組みです。

いい会社を紹介して就職してもらわないと利益にならないので、ブラック企業を紹介される可能性は低いということです。

中卒男

しかも、履歴書の書き方や面接対策などのサポートもしてくれます。就職活動に慣れていない身としては、ありがたいですよね。

その反面、ハローワークや求人誌は仕組みが違って、採用されてもお金が発生するものではありません。ブラック企業も多く紹介されてしまいます。

エージェントならあなたに合った求人だけを紹介してもらえて、しっかりサポートしてくれるので安心して利用できますよ。

>>【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

就職・転職エージェントおすすめ5選

大手リクルートが運営/書類選考なし

未経験・ニート・フリーター大歓迎

若手サポートNo.1/実績1万人以上

10代・20代特化型/実績1.5万人以上

ビジネススキル研修+就職サポートが無料

詳しくは【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

中卒の現実は厳しいがチャンスはある!

中卒の現実は厳しいがチャンスはある!

中卒の現実について赤裸々に紹介しました。

中卒にもチャンスはあります!

高卒になって応募できる求人の幅を広げるのもありだし、方法はいくらでもあるんです。

中卒男

方法はいくらでもありますが、中でも僕は転職エージェントを使うことをオススメします。

僕は就職活動を始めた当初、求人誌から探していたのですが、その時はいい求人に出会えませんでした。

転職エージェントに変えてから、今まで求人誌で見たことないようないい求人に出会えて、すぐに正社員になることができたんです。

転職エージェントは求職者に合った求人に導くプロです。

エージェントに相談しながら、正社員の道を勝ち取りましょう!

>>【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる