MENU
中卒おすすめ転職エージェント>>

低学歴は仕事ができないのか!?いや、学歴なんて関係ない!

低学歴は仕事ができなくて就職もできない? いや、学歴は関係ない!

「低学歴だから仕事できないのは当然だよね」

「だから就職もできないのかな・・・」

その悩み、この記事ですべて解決できます!

結論から言うと、仕事ができないのは低学歴のせいではありません。個人それぞれの問題です。

逆に、高学歴でも仕事ができない人はたくさんいます。つまり、仕事ができるかは、その人に合った仕事かどうか学ぶ姿勢があるかどうかで変わります。

この記事を読むことで、低学歴でも仕事ができるようになるコツと就職する方法を知ることができます。

この記事でわかること

就職・転職エージェントおすすめ5選

大手リクルートが運営/書類選考なし

未経験・ニート・フリーター大歓迎

若手サポートNo.1/実績1万人以上

10代・20代特化型/実績1.5万人以上

ビジネススキル研修+就職サポートが無料

詳しくは【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

目次

低学歴で仕事ができる人とできない人の違い

低学歴で仕事ができる人とできない人の違い

低学歴でも仕事が「できる人」と「できない人」がいます。

その違いは一体何か?ポイントを3つ挙げて解説していきます。

できる人とできない人の違い

頭の回転が速い

仕事ができる人は、頭の回転が速いです。頭の回転の速さは、「自然と身についたもの」と「訓練によって得たもの」の2パターンあります。

低学歴の人で頭の回転が速い人は、どちらかと言えば「自然と身についたもの」が多いでしょう。

頭の回転が速い人の特徴は以下の通り。

  • 人の話をすぐ理解する
  • アイデアを複数出せる
  • 言いたい事をまとめるのが上手い
  • 全体像を把握しポイントを掴める
  • 常に先を読んだ準備と対策ができる

頭の中での情報処理が早く、処理された情報を口に出すまでがとても速いです。

これは勉強が必要な訳でななく、頭の使い方が上手い人の特徴です。

中卒男

勉強は嫌いだけど、頭の回転は速い人が低学歴に存在しています。

頭の回転が早ければ、当然仕事の処理能力も変わってきます。処理の速さが仕事の出来にもつながり、仕事ができる人と評価されるでしょう。

「頭の回転が速い人は仕事ができて、遅い人は仕事ができない」ということです。

>>【闇深い】低学歴の特徴とは?コンプレックスの解消方法を解説

一般常識が身についている

低学歴でも仕事ができる人は、一般常識をしっかりと持っています。

ここで言う一般常識とは、社会的に知っておかなければならない最低限のマナーです。

仕事は、信頼関係が非常に重要です。常識やマナーの無い人に対して、信頼なんて持てません。

マナーのない行動

  • 挨拶できない
  • 時間を守れない
  • 約束を守れない
  • 連絡をおろそかにする
  • 進捗や結果の報告をしない

例えば、何度も遅刻をしてくるような人に信頼は生まれません。信頼が生まれなければ、仕事もお願いしたく無いですよね。

中卒男

学歴関係なく、マナーを守れない非常識な人は沢山います。

どんなに仕事を早くこなせたとしても、一般常識が欠けていては仕事はお願いされません。

当たり前のことのようですが、小さな事を凡事徹底できている人は仕事ができる人です。

しっかりと努力している

低学歴でもしっかりと努力している人は、仕事ができます。

社会に出ればそこは実力社会。仕事に就いて満足し、努力を怠れば学歴関係なく実力に差が出ます

中卒男

プロアスリートは毎日努力をして、結果を出しますよね。考え方は同じです。

努力の形は様々あると思いますが、自分に必要と思ったものを継続している人ですね。

努力の一例

  • 資格の勉強
  • TOEICの勉強
  • 空き時間での副業
  • 仕事で使う専門分野の勉強
  • 毎日のランニングや筋トレ

仕事と関わりがなくても、目標に向けて何かを“継続“している事が大事です。

努力をしている人は、最初から結果が出ないことを知っています。

継続力があり時間をかけてでも結果を出すでしょう。つまり努力ができる人は、学歴関係なく仕事ができます

>>【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

低学歴に対して世間が持つイメージ

低学歴に対して世間が持つイメージ

仕事ができるできないに学歴は関係ないです。

しかし、世間が持っている低学歴のイメージは決して良いものではありません。

個人個人を見れば、「そんなことはない!」と言いたくなると思いますが、以下のイメージがあります。

低学歴に世間が持つイメージ

①:忍耐力がない

低学歴は忍耐力がないと思われています。理由は、数々の困難から逃げてきたと思われているからです。

低学歴になっている理由は様々ですよね。

しかし、悪い印象が先行していて以下のように思われています。

  • 受験に耐えられなかった
  • 試験に耐えられなかった
  • 学校の規律に耐えられず中退した

受験勉強にすら耐えられないと思われ、毎日学校に通うことすら耐えられなかった。と思われています。

中卒男

実際そういう人もいるので仕方ないですが、厳しい評価ですよね。

忍耐力がない人はすぐ辞めると思われているので、会社としては採用を避けたいです。

低学歴の採用が条件に入らないのは、こういった理由があるからです。

本来はそうではない人もいると思いますが、低学歴は忍耐力がないと思われています。

>>低学歴はクズばかり!?中卒の筆者が逆転方法を解説

②:努力ができない

低学歴は努力ができないと思われています。

理由は学校生活が短く、目標を持って努力した経験がないイメージがあるからです。

学校生活で努力や継続力が必要な場面

  • 定期試験の勉強
  • 高校や大学受験の勉強
  • 大会に向けた部活の練習

学歴が低ければ低いほど、こういった努力が必要な場面が少なくなりますよね。

中卒男

「努力すべきところで努力できてないから、学歴に結果として出ている」という見られ方です。

努力はみんな必要なければやりたくない事です。努力をして、結果が出ていない時は暗いトンネルの中にいるような気分を耐えなければなりません。

もちろん低学歴でも、努力をして結果を出した人もいるでしょう。しかし低学歴全体としては、その努力ができないと思われています。

>>低学歴は恥ずかしい?中卒の筆者が対処法を教えます

③:勉強ができない

低学歴は勉強ができないと思われています。

理由は、勉強との距離が遠いと思われているからです。

中卒男

シンプルに、学歴が低いのに勉強が得意とは思えませんよね。

勉強できるんだけど、家庭の事情で進学できなかった人もいるでしょう。

しかし全体イメージは、勉強ができない印象を持たれています。

勉強ができないと思われる理由

  • 不良だった
  • 不登校だった
  • 勉強が嫌いだった

低学歴は「勉強が嫌い」という前提条件から入ります。

その上で不良になってしまったり不登校になってしまったりして、勉強から距離が離れたと思われています。

結果的に、勉強が「嫌い」と思われている低学歴は、勉強ができないと思われています。

>>低学歴には絶対に関わるな!避けるべきタイプと避ける方法の解説

低学歴でも就職しやすい仕事

低学歴でも就職しやすい仕事

低学歴の印象は残念ながらとても悪いです。正直、就職できる仕事も限られます。

そんな中でも、低学歴が就職しやすい仕事を紹介します。

就職しやすい仕事

不利な状況だからと言って諦めてはいけません。

自分が戦えそうなフィールドを見つけられれば、活躍できますよ。

①:体力勝負の仕事

体力勝負の仕事は低学歴でも就職しやすいでしょう。

なぜなら、学力よりも長時間働ける体力と精神力の方が求められるからです。

ただ拘束時間が長かったり、休みが不規則だったりと、カレンダー通りの生活は難しくなる可能性は高くなります。しかし、その分収入も高くなる仕事も多いです。

中卒男

ただのブラック企業だと、収入もひどいものになりますから注意が必要です。

体力勝負の仕事の一例

  • 消防士
  • 自衛隊
  • 長距離トラックドライバー

消防士や自衛隊になどの公務員となって、国や地域のために働くこともできます。

長距離トラックドライバーは、距離に応じた報酬があるので学歴関係なく高収入も目指せるでしょう。

体力勝負の仕事は、低学歴でも狙える職業です。

②:資格が必要な仕事

資格が必要な仕事は低学歴でも就職できます。理由は、勉学よりも専門知識が必要とされているからです。

資格が必要な仕事は多くあります。資格を持ち、その知識を使いこなせればそのまま個人で働くこともできるんです。

中卒男

個人事業主から開業することもできるので、成功すれば収入も大幅に上がりますよね。

資格が必要な仕事の一例

  • 税理士
  • 公認会計士
  • 不動産業界

税理士や公認会計士になると、企業付きの契約で雇われたり個人事務所を開業できます。不動産業界の仕事は、必須ではありませんが「宅地建物取引士」の資格を持っていると採用されやすくなるでしょう。

不動産業界は学歴不問の求人が多いのでチャンスも広がりますし、入ってからも重宝されます。

資格が必要な仕事は専門知識を重要視されるので、学歴関係なく就職できますよ。

③:実力主義の仕事

実力主義の仕事は学歴関係なく就職しやすいです。

成果を残せば評価される、わかりやすい仕事です。

実力主義の仕事

  • 営業職
  • ITエンジニア
  • 経営者

営業職もITエンジニアも企業の雇用形態によります。

例えば、実力主義で給与もインセンティブ制であれば、営業力とスキルさえあれば人材として重宝されます。何より自分自身の給与にも跳ね返りやすいのも魅力ですよね。

ただし、学歴不問で入社できる企業はブラック企業である可能性もあります。名前を聞いたことがない会社は、注意してください。

就職活動を失敗しないためには、エージェントを使用することをオススメします。不利な就職活動にしない解決策としても活用ができるので、就職や転職を検討する際はエージェントに相談しましょう!

>>【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

就職・転職エージェントおすすめ5選

大手リクルートが運営/書類選考なし

未経験・ニート・フリーター大歓迎

若手サポートNo.1/実績1万人以上

10代・20代特化型/実績1.5万人以上

20代+未経験特化のエージェント

仕事の能力に学歴関係なし!自分次第でキャリアは伸ばせる!

仕事の能力に学歴関係なし!自分次第でキャリアは伸ばせる!

学歴の良し悪しで「仕事ができる」「仕事ができない」という評価を受けたとしても、気にしないでください。

自分より学歴が上の人でも、仕事ができない人はたくさんいます

  • 低学歴でも仕事ができる人はいる
  • 高学歴でも仕事ができない人はいる
  • 世間の低学歴への評価は厳しく就職難
  • 低学歴でも就職しやすい仕事は沢山ある
  • 転職や就職をするならエージェントを利用する

世間からの評価は低いですが、自分が勝負できる道を目指して努力すれば大丈夫です。

諦めずに前に進みましょう!

>>【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる