MENU
中卒おすすめ転職エージェント>>

中卒フリーターの就職は難しい!理由と対処法を徹底解説

中卒でフリーターは就職できない?理由と対処法を徹底解説

「中卒でフリーターなんて未来ないよね」

「就職したいけど難しいよね」

その悩み、この記事ですべて解決できます!

結論から言うと、中卒のフリーターでも就職できます。

「学歴不問」や「未経験歓迎」の求人は多いですし、僕も正社員未経験から就職し、今では年収800万円を稼いでいます。

この記事を読み終わる頃には、中卒フリーターでも就職する方法を知り、今すぐ行動したくなるはずですよ。

この記事でわかること

就職・転職エージェントおすすめ5選

大手リクルートが運営/書類選考なし

未経験・ニート・フリーター大歓迎

若手サポートNo.1/実績1万人以上

10代・20代特化型/実績1.5万人以上

ビジネススキル研修+就職サポートが無料

詳しくは【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

目次

中卒でフリーターは就職が厳しい理由

中卒でフリーターは就職が厳しい理由

中卒フリーターには厳しい現実が待っています。中卒は学歴が最も低いうえに少数派です。

そのため、世間から勝手な偏見を持たれてしまいます。

中卒男

会社に入ると、仕事ができないレッテルを貼られたりしますよ。

就職が厳しい理由

①:学歴フィルターで落ちる

中卒は学歴フィルターにかけられると、確実と言っていいほど落とされます。

そもそも学歴フィルターとは、「求職者を学歴で選ぶ方法」です。

中卒の学歴は底辺にあたるので、学歴を見られた途端、相手にされません。

中卒男

なので、中卒は学歴フィルターの会社に受けてはいけませんよ。時間の無駄です。

学歴フィルターがかかっている企業は、大企業で優秀な人が集まる会社に多いです。

もし運よくそうした企業に入れても、学歴が原因で昇進されにくいといった可能性も・・・。

そのため、学歴ではなくスキルを評価してもらえる会社を受けるようにしましょう。

>>【闇深い】低学歴の特徴とは?コンプレックスの解消方法を解説

②:努力や継続が苦手と思われる

中卒は努力や継続が苦手と思われます。

企業から見た中卒は、「勉強から逃げて、高校を退学した?」と捉えられてしまうから。

そのため、今まで努力してこなかったぶん、会社に入っても努力できないと思われてしまいます。

中卒男

学歴は努力してきた証でもあるので、仕方ないのかもしれませんね。

同じ歳の大卒よりも、社会人経験が長いのが中卒の強みです。

学校の勉強以外で、頑張ったことを面接で伝えられるようにしておきましょう。

>>中卒の現実は厳しい。早く対処しないと人生詰みます。

③:すぐに辞めてしまうと思われる

中卒は忍耐力がなく、すぐに辞めてしまうと思われます。

勉強が嫌になって高校を辞めた=会社でも少し嫌なことがあっただけで辞める」とマイナスなイメージになってしまうんです。

中卒男

ほとんどの中卒は学校で勉強していないですからね。

学歴が全てとは言いませんが、大卒の人は過酷な受験戦争に耐えたという目に見える成果があります。

つまり、学歴は忍耐力を示す評価方法とも言えます。

学歴がない以上、「学校を辞めた時と同じように簡単に辞めるんだろう」といった会社の考えも理解しておきましょう。

④:社会人基礎力がないと思われる

仕事をしていく上で大切である、社会人基礎力がないと思われてしまいます。

社会人基礎力とは「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」の3つあり、この3つは全部繋がっているのです。

  • 自分でまずは行動する=前に踏み出す力
  • 踏み出した後に、どうしたらもっとうまくいくのか考える=考え抜く力
  • 会社という組織の中では個人だけでなく、チームで考えて動かないといけない=チームで働く力
中卒男

つまり、個人の能力も上げつつ、チームに貢献できる力が必要になるのです。

中卒は学校であまり馴染めなかったり、考える習慣がないと思われます。

中卒だと、このような社会人基礎力が欠けていると思われてしまうんですよね。

>>中卒で就職できないのはウソ!3つの理由と逆転する必勝法を解説

⑤:フリーターってだけでも就職は厳しい

フリーターってだけでも就職するのは厳しいです。

なぜなら、フリーターには「すぐ辞めそう」「責任のある仕事を任せられない」などといった不安を抱かれてしまうから。

企業としては、正社員には長く活躍してほしいと考えているので、今まで責任がない仕事をしてきた人を採用するにはリスクがあります。

中卒男

フリーターをやってた理由は人によって違いますが、フリーターには仕事面で悪いイメージがあるんですよね。

大卒でもフリーターから就職するのは厳しいので、中卒フリーターはその何十倍も苦労することは念頭に置いておきましょう。

とはいっても、就職エージェントを使えばフリーターから逆転できますよ。

>>【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

中卒フリーターでも就職で成功する方法

中卒フリーターでも就職で成功する方法

中卒フリーターはお先真っ暗だとお伝えてしまいましたが、就職で成功する方法はあります。

ぶっちゃけ、若い人材はどの会社も欲しいです。

中卒男

僕も若さとやる気だけで採用してもらったので、諦めなければ就職できます!

就職で成功する方法

①:通信制高校or認定試験を受ける

通信制高校or認定試験を受けて、学歴を少しでもよくしましょう。

通信制高校を卒業すると高卒資格を得ることができ、認定試験に合格すると高卒と同じ学力があることを証明することができます。

中卒男

認定試験に合格しても、高卒にはならないので注意が必要です。ですが、 学力的な面では評価してもらえますよ。

どちらの試験も、自宅で勉強することで得られるものです。

仕事やバイトをした後に自宅で勉強することになります。ハードな日々になりますが、これらの資格を持っているだけで就職はグッと楽になります。

今後のキャリアを考えると、諦めずに資格をとっておくようにしましょう。

②:契約・派遣社長から社会人経験を積む

契約・派遣社員として色々な会社で社会人経験を積むことで、就職活動でアピールできます

派遣先の雇用期間は3〜6ヶ月程度と、期間があらかじめ決まっています。

そのため、期間が終了すると新しい派遣先で働くことになり、結果的に色々な仕事を経験することになります。

中卒男

派遣社員にはいいイメージがないかもしれませんが、一つの仕事を続けるよりも、色々な会社を知っているという経験は武器になりますよ。

しかも、アルバイトよりも時給が高いのでモチベーションが保ちやすいです。

派遣社員として経験を積んでから、就職活動することをおすすめします。

>>中卒でも就職できる仕事ランキング20選【おすすめの職業はこれだ!】

③:転職・就職エージェントを使う

中卒が就職活動をする際は、転職・就職エージェントを使いましょう。

なぜなら、中卒が自力で就職するのは不可能に近いから。

求人数も少ない上に、書類選考の段階でほとんど落とされるのが現実です。

中卒男

僕も自力で求人誌から探していた時は、就職活動がまったくうまくいきませんでした。

ですが、エージェントを使うようになって、すぐに就職できるようになりました。

エージェントは就職活動のプロなので、エージェントに相談することが就職への近道でもあります。

しかも、エージェントは無料で使えるので、相談してみて合わなかったら他のエージェントを使うのも問題ないですよ。

>>【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

就職・転職エージェントおすすめ5選

大手リクルートが運営/書類選考なし

未経験・ニート・フリーター大歓迎

若手サポートNo.1/実績1万人以上

10代・20代特化型/実績1.5万人以上

20代+未経験特化のエージェント

中卒フリーターから就職できる仕事3選

中卒フリーターから就職できる仕事3選

中卒フリーターから就職できるおすすめの仕事を3つ紹介します。

結論、企業には多少なりとも学歴フィルターはあるため、中卒でも働きやすい仕事を選びましょう。

中卒男

とはいっても、学歴をスキルでカバーできるので安心してください。

中卒から就職できる仕事

①:営業職

営業職はやる気やポテンシャルで採用されるケースが多いです。

なぜなら、どの会社にも営業職は存在し、会社にとって欠かせない部署だから。

中卒男

いい商品を開発できても、営業スキルがない会社は多いです。そのため、営業力をつければ、引く手数多ですよ。

また、営業職の評価は何件受注できたのかといった数字で判断されます。

学歴は関係なく評価してもらえて、昇進できることも魅力ですよ。

>>【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

②:事務職

基本的な作業やコミュニケーションをとれれば、事務職は誰でもできます。

事務職が行う仕事は、「電話対応」「営業のサポート」「書類管理」「決算処理」「お客様対応」など多岐に渡ります。

業務が多くて不安になりますが、いずれも平均的にできれば問題ありません。

中卒男

他の職種と比べて、専門性が必要ないのも事務職のメリットです。

その気になれば即日働ける職種でもあります。

誰でもできることもあって、倍率が高くなってしまうことがデメリットです。

しかし、今すぐオフィスワークをしたい方には向いている職種ですよ。

③:プログラマー

プログラマーやITエンジニアも、中卒が働きやすい職種です。なぜなら、学歴よりもスキルが重視されるから。

プログラマーは、日々移り変わるITの知識を勉強して知識を取り入れる必要があります。

学歴は過去の栄光でしかないので、地道に勉強し続けられるかが重要です。

中卒男

つまり、コツコツ勉強できる人が向いていますよ。

また、プログラマーは人手不足のため、資格を取って年収をアップすることも可能です。

プログラマーは、人生逆転したいと考える中卒の味方ですよ!

>>中卒でプログラマーは無理!?就職するためのロードマップを完全解説

中卒フリーターの就職はきつい!でもチャンスはあります

中卒フリーターの就職はきつい!でもチャンスはあります

中卒フリーターの就職はきついですが、チャンスはあります!

資格を取ったり、仕事の探し方を変えれば可能性は広がるから。

努力次第で、学歴のマイナス点はどうにでもなります。

中卒男

僕はエージェントを使っていい会社に入れたので、近道するならエージェントを使いましょう。

エージェントに相談すると、履歴書の書き方や面接対策など、就職活動の基本から教えてもらえます。

エージェントの方にサポートしてもらいながら、就職活動を成功させましょう!

>>【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる