MENU
中卒おすすめ転職エージェント>>

中卒のひきこもりは超悲惨!不安を解消する方法を解説します

中卒のひきこもりは超悲惨!不安を解消する方法を解説します

「中卒でひきこもりなんて絶望的だよな・・・」

「これからどうすれば良いのだろう」

その悩み、この記事ですべて解決できます!

中卒で引きこもりという状況は、ぶっちゃけマジで悲惨です。

しかし諦めなければ、どんな状況でも立ち直れます。

中卒男

僕も中卒の落ちこぼれから営業で社内1位になれました。あなたの努力次第で、今の状況をガラッと変えることができますよ。

今回は、中卒でひきこもりだとしても逆転できる方法を解説します。

この記事を読み終わる頃には、あなたの人生を変えられるヒントをつかむことができるので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること

就職・転職エージェントおすすめ5選

大手リクルートが運営/書類選考なし

未経験・ニート・フリーター大歓迎

若手サポートNo.1/実績1万人以上

10代・20代特化型/実績1.5万人以上

ビジネススキル研修+就職サポートが無料

詳しくは【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

目次

中卒のひきこもりはどれくらいいるの?

中卒のひきこもりはどれくらいいるの?

あなたと同じ中卒の引きこもりって、どれくらいいるのか見ていきましょう。

僕も中卒ですが、社会人になって中卒の人はかなりすくない印象です。

ひきこもりの定義

そもそも、引きこもりってどうなると「引きこもり」になるのでしょうか?

厚生労働省によると以下の定義が発表されています。

「様々な要因の結果として社会的参加(就学、就労、家庭外での交遊など)を回避し、原則的には6ヵ月以上にわたって概ね家 庭にとどまり続けている状態を指す現象概念(他者と交わらない形での外出をしていてもよい)」 厚生労働省:「ひきこもり」の定義など

つまり、社会から物理的にも精神的にも距離をおいて、誰とも関わらない状況を作っている人です。

外出していようがしていなかろうが、人と関わりがなければ引きこもりという定義になります。

自分が今どうなのか一度振り返ってみましょう。

ひきこもりの割合

実際、ひきこもりは日本全体の1.45%で61.3万人ほどと言われています。

参照:内閣府:長期化する引きこもりの実態

少し視点を変えて、全く仕事をしていないニートの割合を見ると、少し多い94万人。おおよそ1,000人中7人程度の割合です。

参照:厚生労働省ホームページ「若年者雇用対策の現状等について」

単純に足し合わせると155.3万人。あくまで参考数値ですが、学校にも行かず働いてもいない人は人口の1%程度はいるということですね。

あなたと同じように悩んでいる人も多くいるでしょうから、決して悲観的になりすぎないように注意してください。

その他、中卒の割合も気になる人は過去の記事を読んでみてくださいね。

>>最終学歴が中卒の割合は〇%!就職率と学歴を挽回する3つの方法

中卒でひきこもりが超悲惨な理由

中卒でひきこもりが超悲惨な理由

中卒で引きこもりの人は「超悲惨」とも言われます。

なぜそう言われるのか、3つの観点から解説します。

ひきこもりが超悲惨な理由

理由①:人が怖くなる

引きこもりとなると、人との接触がなくなります。

コミュニケーション方法がわからなくなり、次第に人が怖くなってしまうんです。

どう話せば良いかわからなくなるし、自信も失ってしまうんですよね。

中卒男

引きこもりであることを負い目に感じている場合はそれも相まって、周囲の視線が怖くなります。

この状況をできるだけ避けたくなるので、人との接触をさらに遠ざけていってしまう。引きこもりの症状も悪化してしまう。という末路に向かいます。

いわゆる対人恐怖症に近い状態を悪循環させてしまうため、超悲惨と捉えられます。

>>【悲報】中卒の末路は悲惨だった。逆転方法を中卒の僕が徹底解説

理由②:働く意欲がなくなる

引きこもりは働いていない期間が長くなるため、どんどん働く意欲がなくなります。

さらに、社会に出る自信も失っているので一歩も外に踏み出せない状態になってしまうんです。

働く気がないのではなく、働けない状態に陥っている状態ですね。

中卒男

長い間、社会や人から遠ざかり、実家で親に寄りかかっていれば生活ができる状態が続いています。

なので、このままでも何とかなると思ってしまうわけですね。

その結果、働くことに対する意味を感じなくなり仕事も探さなくなってしまいます。

ずっと引きこもり生活を続けることで、働く意味を失い、働く意欲までも見失ってしまうんです。

理由③:就職活動で不利になる

引きこもり期間が長引くと、就職活動で不利になります。

理由は、以下の印象があるから

  • 働く意識が低そう
  • ストレス耐性が低そう
  • コミュニケーション能力が低そう

事実、企業の採用側は即戦力を求めていますし、少しでも良い人材が欲しいというのが根本的にあります。

中卒男

また、こういった印象を強く持たれているので、残念ながら書類で落とされるケースが多いんです。

もちろん個人の状況によって状況は異なってきますが、普通に働いている人たちと比べたら間違いなくハンデを背負っていますね。

次の記事で中卒の正社員に関して解説しているものがあるので、ぜひ読んでみてくださいね。

>>中卒で正社員は無理なのか?就職できた僕がコツを徹底解説

中卒ひきこもりから逆転する方法

中卒ひきこもりから逆転する方法

やっぱり中卒で引きこもりだと、もう無理なのか・・・と思わないでください。

ここから、あなたが逆転する方法を3つ解説します。

ひきこもりから逆転する方法

なたが諦めない限り大丈夫です。前だけを向いていきましょう!

①:スキルを身につける

まず1つ目はスキルを身につけることです。

スキルを身につけられれば、個人でも仕事を進められます。

特に、ITに関するスキルは今もこの先も人材不足が続くと言われています。

深刻化するIT技術者の人材不足問題が企業に及ぼす影響と対策

出典:経済産業省の「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」

理由は、昨今続く産業のデジタル化、例えば、決済のキャッシュレス化や、会社の経理システムのデジタル化、IT家電の流通などがあります。

中卒男

今後も技術は革新していき益々人材が必要と言われているんです。

今後はプログラミングスキルを持っている人材は重宝されますし、会社に属さなくてもフリーランスとして働けます。

そのためには、しっかりとしたスキルを磨いておけば、例え在宅であっても働くことができてしまうということです。

オンライン完結するスクールも数多く存在しているので、家で学べてそのまま家で働けるので引きこもったまま仕事を得られますよ。

>>中卒でプログラマーは無理!?就職するためのロードマップを完全解説

②:学歴不問の会社に就職する

就職活動が全くNGということではありません。

学歴不問の求人も多数あるので、会社で働きたいという人は学歴不問の会社を目指しましょう

✓ 学歴不問の会社の特徴は以下の通り

  • 力仕事が多い
  • 営業結果さえ出せば良い
  • 資格やスキルを持っていれば良い

体力系の仕事か、実力主義の仕事が多い印象です。

なおかつ、結果さえ出していればその分の成果報酬がもらえる会社も多く存在しています。

学歴がなくてもあなた自身にスキルがあり、能力さえ発揮できれば活躍できる会社は存在しているんです。

③:大企業の正社員を目指す

最後は正社員を目指して逆転する方法です。正直ハードルは高いですが、無理ではありません。

正社員を目指す上で必ず行ってもらいたいのは、転職エージェントに依頼をすることです。

転職エージェントに依頼をすれば、低学歴であっても引きこもりであっても転職の確率をグッと高めてくれます。

✓ 転職エージェントが有利な理由

  • あなたの希望に合わせた求人の紹介
  • 希望する企業に対してのあなたの推薦
  • 面接対策、書類の書き方、転職の手続きサポート

これら全て無料で実施してくれます。

ぶっちゃけ、エージェントがいないと転職すること自体難しいので登録必須です。

エージェントと相談をしながら、正社員への道のりを組み立ててキャリアプランを立てましょう。

そうすれば、引きこもりから正社員への大逆転も可能になりますよ。

>>【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

中卒ひきこもりでも大丈夫!行動あるのみ

中卒ひきこもりでも大丈夫!行動あるのみ

中卒で引きこもりでも全く問題ありません。

なぜなら、あなたの気持ちと行動だけでいくらでも逆転できるからです。

諦めた瞬間に、全てが終わってしまうということだけは覚えておいてください。

  • ずっと引きこもりでいることは超悲惨
  • 中卒で引きこもりでもスキルを身につけられる
  • 中卒で引きこもりでも就職するためにエージェントを使う

こんな僕にでもできたのですから、きっとあなたもできます。

将来が不安だからこそ、一歩ずつ前に進んでいきましょう!

>>【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる