MENU
    中卒おすすめ転職エージェント>>

    中卒でも稼げる職業ベスト3!中卒の僕が実践した方法とコツを解説

    「中卒だとなかなか稼げないよね」

    「中卒でも稼げるおすすめの職業を教えてほしい」

    その悩み、この記事ですべて解決できます!

    僕も中学を卒業してすぐに働き始めましたが、20歳を境に将来が不安になりました。正直、人生を諦めかけていました。

    とはいっても、中卒にもできる職業はありますし、稼げないなんてことはありません。職業選びさえ間違えなければチャンスだらけです。

    この記事を読むことで、中卒でも稼げる職業と選び方のコツを知ることができるので、最後までご覧ください。

    この記事でわかること

    目次

    中卒でも稼げる職業を選ぶ4つのコツ

    中卒でも稼げる職業を選ぶ4つのコツ

    中卒でも稼げる職業を選ぶコツを紹介します。

    企業の規模から自分のもらえる給料を考えたり、収入の内訳を確認したりなどです。

    中卒男

    コツと言ってますが、難しく考えなくて大丈夫ですよ。

    誰でも実践できるコツなので、職業を選ぶ際に参考にしてくださいね。

    稼げる職業を選ぶコツ

    コツ①:職業訓練校に通う

    職業訓練校に通って、知識や技術を習得しましょう。

    そもそも職業訓練校とは、失業者が再就職するために職業訓練を行う場所です。

    簿記やパソコンスキルなどの、会社で必要な知識を教えてもらえます。

    中卒男

    すべて無料で通えます。パソコンを触る機会がなかった人でも、基礎を学んでからデスクワークの仕事を探すのもありですよね。

    しかも、職業訓練校で受講しているときは、失業手当の手続きも代行してもらえます。

    転職先が見つかるまでの期間、お金に不安がなく通えることもメリットですよ。

    職業訓練校には様々なコースが用意されています。

    転職したい業界で役に立つコースを選んで、しっかり学びましょう。

    コツ②:収入の内訳を確認する

    収入の内訳を確認しましょう。

    なぜなら、給与提示が「年収」か「手取り」かで給料は変わるから。

    年収だと税金が引かれるので、提示されている金額よりも手元に入る金額は少なくなります。

    手取りだと税金が引かれた後なので、提示されている金額と同等の額が手元に入ることになります。

    中卒男

    また、一定時間の残業代が給料に含まれていることもあります。

    毎日2時間残業しても、残業代がついていないなんてこともありえます。

    みなし残業の有無は必ずチェックしておきましょう。

    年収が高そうに見えても、実際もらえる額は思ったより少ないケースもあるんですよね。

    「年収」「手取り」「残業代」などの内訳を確認し、失敗しないよう注意しましょう!

    >>中卒の平均年収はいくら?高卒・大卒との比較と生涯年収をアップする方法を解説

    コツ③:企業の規模をチェックする

    給料の上限を確認するために、企業の規模をチェックしましょう。

    企業の規模は、給料の払える額に関わってきます。中小企業だと動いているお金が大企業に比べて少ないです。

    そのため、大企業よりも給料の金額に上限が発生してしまいます。

    中卒男

    企業の規模は大きいほど安定している会社が多いです。同じ会社で長く勤めたい人も、大企業は向いていますよ。

    ぶっちゃけ、どこの会社にいるかで年収は変わります。

    零細企業だと、優秀な人であってももらえる給料に限りがあります。

    企業の規模にも配慮しながら転職活動をすることで、中卒からでも高年収を目指せますよ!

    >>中卒でも大企業に就職できる!中卒の筆者が攻略法を解説します

    コツ④:転職エージェントを利用する

    転職エージェントを利用して、最短ルートで効率よく転職しましょう。

    エージェントのメリットは、全ての求職者に最適な求人を紹介することです。

    「自力で探しているときは、中卒が応募できる求人がなかった・・・」と落ち込んでいる人でも大丈夫です。

    希望条件を伝えれば、求人をたくさん持ってきてもらえますよ。

    中卒男

    僕もエージェントを利用して、今の会社に入りました。自力で探すよりも効率が良かったです。

    また、求人を提案してくれるだけではなく、面接などのサポートもしてくれます。

    「面接で何を聞かれるのかわからない」などといった不安も、赤裸々に伝えてOKです。

    エージェントは無料で使えるので、フル活用して効率よく転職活動していきましょう。

    >>【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

    就職・転職エージェントおすすめ5選

    大手リクルートが運営/書類選考なし

    未経験・ニート・フリーター大歓迎

    若手サポートNo.1/実績1万人以上

    10代・20代特化型/実績1.5万人以上

    20代+未経験特化のエージェント

    中卒でも稼げる職業ベスト3

    中卒でも稼げる職業ベスト3

    中卒は学歴でハンデがあるので、全ての職業で稼げるわけではありません。

    そのため、稼げる業種を知っていないと、希望の給与がもらえないなんてこともあります。

    中卒男

    僕は営業職で年収800万円ですが、営業職以外でも稼げる職種はありますよ。

    規模が大きい会社や成長産業など、選ぶ基準はさまざまです。

    中卒でも稼げる職業

    ①:営業職

    特別なスキルはないけど稼ぎたい人は、営業職がぴったりです。

    ✓ メリット

    • 学歴は関係なく、成果が求められる
    • 成果に対してインセンティブが支給される

    ✓ デメリット

    • 休日出勤の可能性がある
    • インセンティブがない場合がある
    中卒男

    営業職はどこの会社にもあるので、営業出身の人は転職しやすいです。

    営業職は、売上目標の数字を達成するのが仕事です。

    そのため学歴は関係なく、成果を出すことだけが求められます

    実力で挽回したい人は、営業職に一度チャレンジしてみましょう。

    >>【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

    ②:大企業の工場

    安定した給料がほしい人は、大企業の工場がぴったりです。

    ✓ メリット

    • 給料や福利厚生が安定している
    • 転職する時に会社名が有利になる
    • 中小企業と比較して給料が上がりやすい

    ✓ デメリット

    • 単純作業で飽きてしまう
    • 良い意味でも悪い意味でもスリルが少ない
    中卒男

    大企業は中小企業の工場と違って、福利厚生が整っていることも多いです。

    大企業の一般職は大卒でも入るのが難しいですが、大企業の工場だと難易度は下がります

    安定した生活を送りたい人は、大企業の工場の求人を探してみましょう。

    ③:ITエンジニア

    IT業界は人手不足のため、将来貴重な人材になりたい人はITエンジニアがぴったりです。

    ✓ メリット

    • 業界全体の給料が高い
    • 学歴よりもスキルが重視される
    • 将来フリーランスとしても働ける

    ✓ デメリット

    • ベンチャー企業が多く安定しない
    • コミュニケーション(会話)が少ない
    中卒男

    IT業界は、ITエンジニア以外の職業でも実力重視です。 

    とは言っても、今からスキルをつけるために勉強すれば十分間に合います。

    学校の勉強と社会に出てからの勉強は異なるので、苦手意識がある人でも一度挑戦してみるのはありです。

    今後不足するエンジニアを今から目指せば、中卒からでも稼げますよ。

    >>中卒でプログラマーは無理!?就職するためのロードマップを完全解説

    中卒でおすすめしない職業

    中卒でおすすめしない職業

    中卒でおすすめしない職業について解説します。

    労働時間が長かったり、体力が必要で年をとったら働けなくなるような会社です。

    中卒男

    ブラック企業は精神的にもきついです。ひどい場合は、うつ病になって働けなくなる危険性もあります。

    おすすめしない職種に興味があったとしても、デメリットを考慮しながら冷静に判断しましょう。

    おすすめしない職業

    ①:飲食業

    飲食業は、ハードなうえにブラック企業が多いです。

    ✓ 飲食業のデメリット

    • 肉体的にハード
    • クレーマーが大変
    • ブラック企業が多い
    • 土日祝がメインの勤務
    中卒男

    飲食業は接客業なので、お客さんが増える土日がメインです。平日働いている友人と予定が合わなくなる、といったプライベートでのデメリットもありますね。

    飲食業は、将来的には「ロボットが代わりに接客する時代がくる」と言われています。

    いつしか突然解雇されてしまうリスクも0ではないので、注意が必要です。

    とは言っても、お客さんと直接コミュニケーションできるやりがいのある仕事ですよ。

    ②:期間工

    期間工は働く期限が限られているので、安定した職業ではありません。

    ✓ 期間工のデメリット

    • 安定しない
    • 休みが少ない
    • 正社員になれない
    • 契約を突然切られる
    中卒男

    工場での力仕事なので、体力も必要になります。

    とは言っても、アルバイトよりも給料が高い傾向にあります。

    正社員を望んでいないが、高めの給料がほしい人には向いていますよ。

    ③:土木作業員

    土木作業員は歳をとって体力がなくなったら、働きにくくなります。

    土木作業員のデメリットを簡単に解説します。

    • 体力勝負
    • 長く働けない
    • ヤンキーが多い
    • 学歴を問われない
    中卒男

    炎天下や大雪でも、屋外で働くことになります。

    体力の他にも根気強さも大事になってくるんですよね。

    とは言っても、体力を生かして働きたい人には向いている職業です。

    >>【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

    中卒でも稼げる職業はある!行動するしかない

    中卒でも稼げる職業はある!行動するしかない

    中卒でも稼げる職業はあります

    行動できるかが重要です。

    「中卒だからもう高収入は無理だ・・・」と諦めていたら、ずっと給料は上がりません。

    紹介した3つの職種を比較して、自分にはこんな職種が向いているのかな?と手探りしながら行動していきましょう。

    最後は、自分自身でやるしかありません

    社会人になれば学歴なんて関係ないので、どんどん挑戦しましょう!

    >>【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる