MENU
中卒おすすめ転職エージェント>>

中卒・高卒・大卒の違いは〇〇!今すぐ使える生き残り戦略

中卒・高卒・大卒の違いは〇〇!今すぐ使える生き残り戦略

「中卒と高卒、大卒って学歴以外に何が変わるの?」

「中卒だと社会の風当たりが強いよね」

その悩み、この記事ですべて解決できます!

結論から言うと、中卒でも生き残る方法はあります。

しかし、高卒や大卒と比べて厳しいのは間違いありません。もし学生に戻れるなら、最低でも高卒まで学校に行くのが理想です。

中卒男

とは言っても、中卒のまま大人になってしまったら、過去には戻れません。僕も社会人になってから後悔しました。

そこで今回は、中卒・高卒・大卒の違いと、中卒でも社会で生き残る戦略について解説します。

この記事を読み終わる頃には、中卒でも高卒や大卒以上の生活が送れるようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること

就職・転職エージェントおすすめ5選

大手リクルートが運営/書類選考なし

未経験・ニート・フリーター大歓迎

若手サポートNo.1/実績1万人以上

10代・20代特化型/実績1.5万人以上

ビジネススキル研修+就職サポートが無料

詳しくは【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

目次

中卒・高卒・大卒の違い【データを公開】

中卒・高卒・大卒の違い【データを公開】

中卒と高卒・大卒はなにが違うのか?具体的なデータで解説します。

実際問題、学歴は給料や就職に大きく影響するので、社会人になってから苦労することが多いです。

中卒男

僕も中卒で社会に出て、本当に嫌なことばかりでした…。

中卒・高卒・大卒の違い

①:初任給(平均年収)の違い

まず、中卒は他の学歴と比べて給料が安いです。

当たり前ですが、学歴が上がるにつれて年収も上がる傾向にあります。

中卒の初任給はデータになかったのですが、少なくとも高卒の165,100円より20,000円以上は安くなるでしょう。

学歴初任給
高卒165,100円
高専・短大卒181,400円
大学卒206,700円
大学院卒238,700円
参照:厚生労働省平成30年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1 学歴別にみた初任給

ちなみに、平均年収は以下の通り。中卒と高卒・大卒では年間でかなりの差がありますよね。

厚生労働省によると、高卒とは約40万円、大卒とは約220万円の差があると言われています。

学歴月額給与ボーナス・賞与年収
中卒280,600円438,700円3,805,900円
高卒296,900円673,700円4,236,500円
高専・短大卒302,000円775,400円4,399,400円
大学・大学院卒398,900円1,290,900円6,077,700円
出典:2017年 賃金構造基本統計調査

これだけ見ると、中卒は生きていくだけでもやっとの人も多いです。

大卒でも家族を養うのがやっとな人も多いのに、中卒はもっと苦しい状況なのは間違いありません。

>>中卒の平均年収はいくら?高卒・大卒との比較と生涯年収をアップする方法を解説

②:就職率の違い

続いて、中卒の就職率は高卒・大卒と比べてガクンと落ちます。

なぜなら、中卒でもOKな求人が圧倒的に少ないから。

以下の表の通り、中卒と高卒の求人数だけでも285倍の差があります。

学歴求人数求職者数求人倍率
中卒者1,696件537人3.16倍
高卒者484,000件168,000人2.89倍
出典:厚生労働省ホームページ令和元年度「高校・中学新卒者のハローワーク求人に係る求人・求職・就職内定状況」より
中卒男

285倍ってイメージが湧かないですよね。つまり、中卒に向けた求人はほとんどないってことです。

求人倍率をみるとわかるのですが、意外と倍率は高くありません。

中卒者の数がそもそも少ないので、競争する相手があまりいないとも言えます。

とはいえ、求人数が少ないということは選択肢が少ないということなので、不利であることは変わりません。

>>【中卒必見】就職率が低い原因は〇〇だった!経験者が逆転方法を徹底解説

③:正規雇用の違い

厚生労働省の調査によると、中卒で正社員になれているのは10人中3人程度です。

大卒に比べると約1/3程度でして、ぶっちゃけかなり厳しい数字ですね。

契約社員や派遣社員は安定しないので、将来の不安がずっと無くなりません。

学歴正社員の割合
中卒35.4%
高卒56.3%
専修学校卒66.6%
高専・短大卒66.2%
大卒80.9%
大学院卒84.3%
参考元:厚生労働省-平成30年「性、年齢階級・在学の有無・最終学歴、雇用・就業形態別若年労働者割合」
中卒男

大卒までいくと10人に8人が正社員になれます。やはり、企業は大卒以上を求めていることがわかりますね。

とはいえ、今の時代はフリーランスで働く人材も増えてきていて、学歴が関係ない時代にもなってきています。

どの会社も人手不足で、学歴を気にしない会社も増えてきているのは事実です。

中卒でも正社員になれるチャンスはあるので、正社員になるためのコツを知っておきましょう!

>>中卒で正社員は無理なのか?就職できた僕がコツを徹底解説

中卒・高卒が生き残るための3つの戦略と違い

中卒・高卒が生き残るための3つの戦略と違い

中卒や高卒の人は、給料や就職率が低いことがわかりました。

学歴が関係ない時代になってきているとはいえ、不利であることには変わりません。

中卒男

そこで中卒の僕が、他の人と違いを見せるために取り組んできた戦略を公開します!

中卒・高卒が生き残るための戦略

戦略①:資格を取る

中卒が今すぐできること、それは資格を取ることです。

なぜなら、資格やスキルは仕事に直結することができるので、学歴を重視しない会社に重宝されるから。

例えば、「簿記」や「英語などの語学」、「パソコンスキル」などが代表例ですね。

中卒男

僕は簿記とプログラミングを勉強しました。どんなことができるか?も大切ですが、一番は目標に向かって努力できることをアピールすることも大切です。

僕は結果的に営業の仕事をしているので、勉強した資格が100%活かされているとは言えません。

しかし、中卒=努力や継続が出来ないと思われているので、資格の勉強をしているだけで良いギャップになったんですよね。

自分を変えられるのは自分だけ。変わりたいのなら、思い立ったらすぐ行動ですよ。

戦略②:仕事で成果を出す

中卒が今の社会で生き残るには、高卒や大卒よりも成果を出せば良いんです。

とはいえ、仕事で成果を出すことは、決して簡単なことではありません。

土木作業や建築など、体を切り売りして働く仕事なら余計に難しいです。

中卒男

成果を出すためにおすすめの仕事は、ズバリ営業です!僕も営業で成果を上げて今の地位にのぼりました。

営業は数字が全てなので、学歴なんて関係ありません。

諦めないガッツとコミュニケーション力があれば、誰でも成果を出せるチャンスがあります

中卒の僕がそこらへんにいる大卒よりも給料が高いのは、営業で成果を上げられたからなんです。

戦略③:大手企業へ転職する

中卒でも、大手企業に転職することはできます。

なぜなら、大手企業は名前の通り規模が大きいので、受け入れ口が広いからです。

例えば製造業であれば、工場で働く人はほとんどが中卒や高卒の人。

中卒男

僕も最初は大手企業の工場にいて、途中から営業に転職しました。戦略的な転職です。

工場勤務であろうと、大手企業で勤めていたという実績は使えます。

つまり、次の転職の時の実績となり、有利に進められるということ。

そのまま役職が上がれば大手企業の恩恵を受けられますし、ダメでも転職で有利になります。

工場でずっと働くのではなく、あくまで実績作りとして次の転職を視野に入れながら就職しましょう。

>>【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

中卒や高卒で周りと違いが出るスキル

中卒や高卒で周りと違いが出るスキル

中卒や高卒でも、スキルを身につけることで周りと違いを出せます。

具体的に3つのスキルをご紹介します。

中卒や高卒で違いが出るスキル

スキル①:ITスキル

中卒でも高卒でも、ITスキルはこれから必ず役に立ちます。

なぜなら、IT業界は人手不足かつ学歴よりもスキルが重視されるので、中卒でも活躍できるチャンスがあるからです。

具体的には、「プログラミング」です。

中卒男

プログラミングは難しいイメージを持っている人も多いですが、勉強するうちに慣れます。

今はプログラミングスキルが必要とされている時代で、勉強する場所も年々増えています。

例えば、無料で学習できるだけでなく、就職までもサポートしてもらえるサービスもあります。

もし資格の勉強を何すればいいか迷っているなら、プログラミング一択。

中卒でも勉強すれば就職できるので、諦めずに前に進みましょう!

>>中卒でプログラマーは無理!?就職するためのロードマップを完全解説

スキル②:論理的思考力

論理的思考力は、中卒こそ身につけたいスキル。

なぜなら、高卒や大卒の人でも持っている人が少ないスキルだから。

中卒で論理的に考える力があれば、学歴に左右されずに活躍できるチャンスがあります。

中卒男

論理的思考力を身につけるコツとして、日常で「なぜ?」と考える癖をつけることです。

例えば、電車の中に貼ってある広告を見ながら、「なぜこの場所に貼っているのだろう?」「なぜこの色にしたのだろう?」と考えてみてください。

物事には必ず”理由”があるので、毎日少しずつ考える癖をつけるんです。

毎日考えることで視野が広がり、仕事ができる人材に成長していきますよ。

スキル③:コミュニケーション力

最後は、コミュニケーション力です。

中卒や高卒と、大卒の大きな違いはコミュニケーション力といっても過言ではありません。

なぜなら、中卒や高卒は地元で生活するのに対して、大学では知らない土地で全国から集まった人たちと接するから。

中卒男

コミュニティが一気に広がることで、価値観や考え方もガラッと変わります。僕も地元から出た時に、考え方も変わりました。

コミュニケーション力を磨く方法としては、自分が知らないコミュニティに積極的に参加することです。

例えば、社会人サークルやスポーツのクラブチームなどです。

注意点として、地元に残って知り合いだらけのサークルに入っても意味がありません。

>>中卒のひきこもりは超悲惨!不安を解消する方法を解説します

中卒・高卒・大卒の違いは大きい!でもチャンスはある

中卒・高卒・大卒の違いは大きい!でもチャンスはある

中卒と高卒・大卒の違いを解説しました。

学歴が低いと、年収や就職で大きな違いが出るのは仕方ありません

しかし、努力次第で変わることはできます。

中卒男

僕も20歳くらいまで、中卒である自分に後悔していました。後悔していたのに、将来が不安だったのに何もしなかったんです。

僕は読書がきっかけで考え方が変わり、行動が変わり、今の自分を手に入れました。

あのまま地元に残って、変わらない日々を送っていたらと思うとゾッとします。

人は誰でも変わるチャンスがあります

しかし、世の中の99%の人は、変わりたいと思っていても何も行動に移せません。

中卒男

つまり、最後は行動できる人がチャンスを掴み取るんです。

あなたはどちら側の人間ですか?

迷っている時間は無駄なので、あなた自身の将来のために、”いま”行動しましょう!

>>【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる