MENU
中卒おすすめ転職エージェント>>

中卒はベンチャー企業に行くべき!理由と3つの方法を解説

中卒はベンチャー企業に行くべき!理由と3つの方法を解説

「中卒でもベンチャー企業にいける?」

「ベンチャー企業って仕事が楽しくできそう!」

その悩み、この記事ですべて解決できます!

結論から言うと、中卒でもベンチャー企業に就職できます。

なぜなら、ベンチャー企業は学歴よりもスキルを重視する傾向にあるから。

中卒男

ベンチャー企業でバリバリ仕事をするとスキルが貯まり、次の転職でも有利になります!

この記事では、中卒こそベンチャー企業に行くべき理由と行く方法について解説します。

この記事を読み終わるころには、中卒でも楽しく充実した仕事ができるようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること

就職・転職エージェントおすすめ5選

大手リクルートが運営/書類選考なし

未経験・ニート・フリーター大歓迎

若手サポートNo.1/実績1万人以上

10代・20代特化型/実績1.5万人以上

ビジネススキル研修+就職サポートが無料

詳しくは【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

目次

中卒こそベンチャー企業に行くべき!理由を解説

中卒こそベンチャー企業に行くべき!理由を解説

中卒こそベンチャー企業に行くべき理由を解説します。

結論から言うと、中卒はベンチャー企業へ就職するメリットが絶大です。

中卒男

理由を3つご紹介するので、ベンチャー企業を受ける前にチェックしてみてくださいね!

ベンチャー企業に行くべき理由

理由①:幅広い実績ができる

ベンチャー企業は、いろいろな仕事を任せてもらえます。

人数が少ない中で事業を拡大させなければならないので、1人の担当業務は多くなるんですよね。

例えば、営業なのに経理の仕事をしたり、人事で採用活動などをすることも。

中卒男

大手企業だと、「経理」「人事」「総務」「営業」など部署で線引きがされているので、ベンチャー企業とは働き方が180度変わります。

とは言っても、ベンチャー企業で働くのはそれなりに大変です。

幅広い実績がつくのはメリットですが、その分、自分の時間を仕事に費やす必要があります。

また、残業代が出ない会社も多いので、本気で仕事で成果を上げたい人以外にはおすすめできません。

>>中卒が仕事できないは本当?いや、あなた次第で人生変わります

理由②:ゼロイチの経験ができる

ベンチャー企業では、よく新しいプロジェクトが始まります。

入社2年目くらいの新人でも、プロジェクトリーダーとして1から事業を立ち上げることも。

大手企業では絶対にできない経験なので、仕事のスキルはかなり伸びます。

中卒男

たとえ事業規模が大手よりも小さかったとしても、あなたの経験値は爆上がりです。

たいていの企業の場合、ゼロからイチまでは先輩社員が作り、若手のうちは指示に従うだけ。

しかし、ベンチャー企業では社員全員が戦力なので、良くも悪くも自分で行動しなければなりません。

とは言っても、ベンチャー企業でできる経験は貴重なので、学歴に自信がない中卒こそベンチャー企業がピッタリです。

理由③:転職で大手に行ける可能性が広がる

ベンチャー企業では、いろいろな仕事を経験でき、幅広い実績がつくとお話しました。

これこそが、中卒が転職市場で勝ち抜くために必要なスキルです。

大手企業では、高学歴でも仕事ができない人が目立ちます。

中卒男

会社側は、「学歴ではなく仕事できる人を採用したい」と考えるようになったんです。

つまり、これからは学歴ではなく、仕事の経験やスキルが重要になるということ。

ベンチャー企業で鍛えた経験こそ、今まさに大手企業が欲しがっている人材なんです。

中卒は学歴がなく、社会的地位も低いです。

だからこそ、高学歴の人ができない経験を積み重ねて、アピールするしか方法はありません。

>>中卒で正社員は無理なのか?就職できた僕がコツを徹底解説

中卒からベンチャー企業に就職する3つの方法

中卒からベンチャー企業に就職する3つの方法

それでは、どうすれば中卒がベンチャー企業に就職できるのか?解説します。

具体的な方法は3つでして、どれも勉強が苦手な中卒でも誰でも実践できる方法です。

中卒男

実際に中卒の僕がやってきた方法なので、少しでも参考になれば嬉しいです!

ベンチャー企業に就職する方法

方法①:必要な資格やスキルを習得する

まず1つ目は、中卒が就職で必要な資格とスキルです。

なぜなら、中卒は学歴が低いため、その他の部分でアピールするしかないから。

具体的には、「語学」や「プログラミング」などのスキルや、「簿記」「FP」などの資格です。

中卒男

例えば、英語力を採点するTOEICの点数が、100点上がるごとに年収が100万円上がるとまで言われています。

高卒や大卒の人でも、きちんと英語を話せる人はごくわずかです。プログラミングができる人もそういません。

逆に言えば、中卒でもこれらの資格やスキルがあれば、頭1つ飛びぬけられるということ。

これから資格やスキルで採用する企業が増えていくので、中卒の人はいまから勉強して損はありませんよ。

>>中卒でも英語が身につくおすすめサービス3選!具体的なコツを解説

>>中卒でプログラマーは無理!?就職するためのロードマップを完全解説

方法②:学歴不問で募集する企業を探す

続いての方法は、学歴不問で募集している企業を探すことです。

とは言っても、ベンチャー企業であれば学歴不問で採用してくれる企業も多い傾向にあります。

逆に大手企業で働いた経験があるからといって、必ずしも採用されるわけではありません。

中卒男

いわゆるポテンシャル採用ってやつですね。今までの仕事の経験だったり、持っているスキルで採用されます。

ベンチャー企業では、基本的に全員が即戦力として働かなければなりません。

だからこそ、資格やスキル・経験が重要になります。

ベンチャー企業では学歴不問の会社が多いので、いろいろな会社の求人案内をチェックしてみましょう。

>>中卒でも就職できる仕事ランキング20選【おすすめの職業はこれだ!】

方法③:たくさんの求人に応募する

最後は、とにかくたくさんの求人に応募することです。

昔と比べると減りはしましたが、未だに学歴で判断して採用しない会社も多いから。

いくらベンチャー企業といえど、全部の会社が学歴不問であるわけではありません。

中卒男

書類選考だけで通過確率は1/20、もしかすると1/50なんてこともあるかもしれません。それだけ中卒は不利です。

もし自分が、「どんな会社を受ければいいかわからない」「どんな会社が合っているかわからない」という人は、エージェントに相談してみましょう。

就職・転職エージェントは誰でも無料で利用でき、面接や書類選考のサポートや、面接から入社までのスケジュール管理をしてくれます。

いま仕事をしていて時間がない人でも、エージェントに相談すれば理想の会社を紹介してくれます。

ぶっちゃけ相談しない理由がないので、少しでも今の生活から抜け出したい人は、まずはエージェントに相談してみましょう。

>>【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

中卒こそベンチャー企業がおすすめ!大丈夫

中卒こそベンチャー企業がおすすめ!大丈夫

中卒がベンチャー企業に就職すべき理由と方法について解説しました。

結論、中卒こそベンチャー企業に行くべきです。

ベンチャー企業で働くのはそれなりに大変ですが、それ以上に大切なスキルや経験を学ぶことができます。

中卒男

ベンチャー企業で経験を積めば、最終的に大手企業へ転職することも可能です。実際に僕がそうでしたからね。

とは言っても、ベンチャー企業に就職するのは簡単ではありません。

資格やスキルの勉強をしたり、面接で自分のポテンシャルをしっかりとアピールする必要があります。

中卒のままだと未来は真っ暗なので、自分から行動して未来を変えるしかありません。

”いま”行動できるかできないかで、あなたの人生は180度変わります

あなたはどちらの人生を歩みますか?行動するか、超行動するかですよ。

>>【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる