MENU
中卒おすすめ転職エージェント>>

低学歴はどこから?デメリットと成り上がる方法を解説

低学歴はどこから?デメリットと成り上がる方法を解説

「どこからが低学歴って言われる?」

「学歴コンプレックスがあって不安」

その悩み、この記事ですべて解決できます!

結論から言うと、中卒や高卒はもちろん、大卒でもFラン大学は低学歴と言われます。

とは言っても、低学歴だからといって絶望する必要はありません

この記事では、低学歴から成り上がる方法を徹底的に解説します。

この記事でわかること

就職・転職エージェントおすすめ5選

大手リクルートが運営/書類選考なし

未経験・ニート・フリーター大歓迎

若手サポートNo.1/実績1万人以上

10代・20代特化型/実績1.5万人以上

ビジネススキル研修+就職サポートが無料

詳しくは【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

目次

低学歴はどこから?一般的な基準

低学歴はどこから?一般的な基準

低学歴はどこからなのか、一般的な基準で解説します。

低学歴の判断基準は人それぞれなので、今から紹介するのは判断基準の参考としてくださいね。

学歴の一般的な基準

①:低学歴

低学歴は、「中卒」「高卒」「短大専門卒」「Fラン大卒」のことを指します。

偏差値50未満の学歴のこととされていて、大学を卒業したからといって高学歴にはなりません。

中卒男

低学歴だと大手企業に入るのは難しかったりします。

学歴は全てではありませんが、高学歴より就職は不利になるのは確かです。

とはいっても、低学歴だからと言って諦めるのはまだ早いですよ。

②:中学歴

中学歴は、偏差値50~64未満の大卒(日東駒専、関関同立、MARCH、地方国立大学)とされています。

中学歴とは、高学歴でもなければ低学歴でもない中間の学歴を指します。

低学歴と比べると、大手企業や中堅企業に就職しやすくなります。

中卒男

聞いたことがある大学でも、中学歴なんですね。

低学歴よりは就職で有利に進むことが多いですが、大企業ではやはり高学歴が評価されます。

とはいっても、高学歴になるにはかなりの知能と努力が必要になるので、気にしなくて大丈夫ですよ。

③:高学歴

高学歴は、偏差値65以上の大卒(早慶上智、旧帝大、東京一工)とされています。

これらの大学は日本でも最難関にあたるので、入学するのがかなり難しいです。

もし入学できれば、今までの努力を履歴書で評価してもらえます。

中卒男

ぶっちゃけ、高学歴に勝つのは無理です。今までの努力量も違いますしね。

とは言っても、転職することで学歴をカバーするのは可能です。

例えば、転職エージェントに相談すれば、大卒と同等の質の高い求人を紹介してもらえます。

僕も転職エージェントを使って転職をして、高学歴の人たちと変わらない年収をもらっていますよ。

>>【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

低学歴のデメリット5つ

低学歴のデメリット5つ

低学歴には5つデメリットがあります。

結論、学歴は仕事でもプライベートでも良く思われません。

中卒男

日本はいまだに学歴を重視するので、仕方ないですね。

低学歴のデメリット

①:印象が悪い

低学歴は、印象が悪いといった固定概念を持たれてしまいます。

具体的には、「低学歴だから仕事ができない」「低学歴は努力できない」などです。

中卒男

学歴は勉強を頑張ってきたという目に見えた成果です。

つまり、学歴がないと就職で不利になってしまうことは事実。

第一印象は良くないですが、面接で自分の長所をアピールできるようにしましょう!

>>低学歴はクズばかり!?中卒の筆者が逆転方法を解説

②:年収が低い

低学歴は年収が低く、大卒と中卒では年間220万円も差があると言われています。

年収が低くなる理由は、「初任給が低い」「非正規社員の比率が高い」などがあります。

中卒男

学歴と年収は比例しているので、仕方のないことですね。

低学歴の中には起業して年収をあげる人もいるので一概には言えませんが、学歴が低いと年収に影響してきます。

あくまで世間一般的には、低学歴の年収は低い傾向にあります。

>>中卒の平均年収はいくら?高卒・大卒との比較と生涯年収をアップする方法を解説

③:学歴差別を受ける

低学歴は、学歴差別を受けることがあります。

「低学歴だから、履歴書の段階で落とされる」「低学歴だから、昇進しにくい」などです。

低学歴が理由で、平等に扱ってもらえないんです。

中卒男

高学歴は優遇され、低学歴は不当な扱いを受けます。

就職活動などでは、学歴フィルターなんて言い方をします。

全ての企業で学歴差別があるわけではないですが、優秀な人が集まる企業ではこうした風潮は根強く残っているんです。

④:正社員になれない

低学歴だと、正社員になれる人は少ないです。

なぜなら、企業側が「この人は努力するのが苦手で、早く辞めてしまうんじゃないか?」と不安に思うから。

企業は人を採用するにもお金がかかるので、早く辞められると赤字ですからね。

中卒男

低学歴=勉強してこなかったというイメージから、低学歴は継続したり努力できないと思われがちです。

とはいっても、全員が正社員になれないわけではありません。

現に僕も中卒から正社員になっていますし、あなたの行動次第でいくらでも変わりますよ。

>>中卒で正社員は無理なのか?就職できた僕がコツを徹底解説

⑤:就職先が限られている

低学歴は就職先が限られていて、希望の仕事ができない場合があります。

低学歴が就職しやすい業界は、「建設業」「介護職」「飲食業」「運送業」「サービス業」「IT業界」などです。

これらの職種共通しているのは、人手が足りていないこと。

中卒男

こうした業界は今すぐにでも人が欲しいので、低学歴であっても引く手数多ですよ。

注意点としては、人手が足りていない業界はブラックであることが多いことです。

ブラック企業を選んでしまわないように、慎重に探しましょう。

一人で探してもよく分からない人は、エージェントにお願いすればあなたに合った求人を紹介してくれますよ。

>>【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

低学歴から成り上がる方法

低学歴から成り上がる方法

低学歴だと人生詰むようなことばかり述べてしまいましたが、成り上がる方法はあります。

ズバリ、学歴を気にしない会社でスキルを身につけて、いい会社に転職することです。

中卒男

僕の経験も踏まえて、具体的な方法を詳しく解説していきます。

成り上がる方法

①:学歴不問の企業に入る

学歴不問の企業に入ることで、実力で評価してもらいましょう。

学歴不問の会社は実力主義なので、成果を出すことが求められます。

そのため、昇進するのも学歴は全く関係ないので、やる気を維持し続けられるといったメリットもあります。

中卒男

学歴を気にする会社だと、「低学歴が成果を出しても昇進することができない」という現象が起こります。

低学歴というだけで昇進できず、やる気が出ずに途中で辞めてしまう人が多いです。

一方で、学歴不問の会社は頑張りをちゃんと認めてもらえるので、やる気を保ちやすいんですよね。

学歴不問の会社は、低学歴の味方です。スキルを身につけて、どこの会社でも欲しくなるような人材になっておきましょう!

②:スキルを身につける

最近は学歴よりもスキルが重視されてきているので、会社で役に立つスキルを身につけておきましょう。

会社で役立つスキルは、「簿記」「MOS(パソコンスキル)」「プログラミング」などです。

この中でもおすすめは、プログラミングのスキルを身につけることですね。

なぜなら、プログラマーは深刻な人手不足になる上に、IT業界は成長産業なので年収アップの可能性も十分にあるから。

中卒男

IT業界はスキル重視の業界なので、学歴に自信がなくてもきちんと勉強すれば誰にでも可能性はありますよ。

いっけん難しそうに感じる業界ですが、低学歴でキャリアアップしたい人には優しい業界です。

スキルを身につけて、年収アップの可能性を広げていきましょう!

>>中卒でプログラマーは無理!?就職するためのロードマップを完全解説

③:就職・転職エージェントを利用する

低学歴だからこそ、就職・転職エージェントを利用しましょう。

残念ながら、低学歴がネットにある求人を探して入社するのは不可能です。

低学歴は全く相手にされませんし、ネットなどに載ってる求人は高学歴の人も応募するからです。

中卒男

僕はエージェントを使うことでいい会社に就職しました。その結果、年収800万までアップすることができたので、使ってよかったと思っています。

しかしエージェントなら、低学歴であろうと自分の希望に添った求人を紹介してくれます。

頑張りたい人にはとことん向き合ってくれますし、「こんなこと聞いていいのかな?」といった就職活動での小さな悩みまで聞いてくれます。

エージェントは全て無料で使えるので、まずは相談だけしてみましょう!

>>【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

就職・転職エージェントおすすめ5選

大手リクルートが運営/書類選考なし

未経験・ニート・フリーター大歓迎

若手サポートNo.1/実績1万人以上

10代・20代特化型/実績1.5万人以上

20代+未経験特化のエージェント

低学歴でも大丈夫!大切なのはこれから

低学歴でも大丈夫!大切なのはこれから

低学歴でも今から頑張れば、あなたの希望に沿った会社に就職できる可能性が高くなります。

大切なのは、学歴を理由に諦めず行動することです。

学歴をカバーする方法はいくらでもあります。

中卒男

僕も諦めかけていた時がありましたし、本当に悩んでいました。

それでもエージェントの担当者や友人を頼って行動することで、今の安定した生活を手に入れることができました。

あなたもきっと大丈夫。未来を変えるのは自分次第ですよ。

>>【脱失敗】中卒の転職エージェントおすすめ5選 | 僕が就職できた方法

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる